シドニー透析

アメリカ旅行で透析 日本語で海外旅行透析

人工透析のエキスパートが、諦めていたあなたの海外旅行透析を日本語でご支援いたします。トラベルデスク(海外旅行透析 )

メニュー(ご希望エリアのボタンを押してください。)

ハワイ透析グアム透析シンガポール透析
マレーシア透析タイ透析バリ島透析
香港透析台湾透析サイパン透析
イタリア透析オーストリア透析フィンランド透析
アメリカ透析オーストラリア透析ベトナム透析
ミャンマーで透析透析予約・問い合わせ


海外旅行で透析受診
人工透析のエキスパートが、諦めていたあなたの海外旅行を日本語でご支援いたします。
ハワイ透析
ご旅行は、ご自身でご希望により手配してください。
弊社は、海外旅行先で安心して日本語で透析を受診いただくためのお手伝いをいたします。
透析と旅行がセットされたパッケージツアーではありません。
お好きな日に、お好きな旅程で海外旅行をお楽しみいただけます。

シンガポール 透析 トラベルデスク

特に日本語で安心して透析と言うことと医療品質を重要視しています。

あなたの立場で考えた医療品質が保たれている透析センターのご案内をいたします。

現在、ハワイのホノルルグアム香港(九龍半島側と香港島側)台湾(台北市、新北市)

シンガポールマレーシア(クアラルンプール、ペナン島)バリ島タイ(バンコク)イタリア主要都市オーストリア主要都市、アメリカ国内主要都市オーストラリア主要都市
イギリス主要都市、ドイツ主要都市、スペイン主要都市、ベトナム(ホーチミン)、ミャンマー(ヤンゴン)の透析受診をサポートしています。

トラベルデスク ハワイ透析

こちらの国々には、日本語を話す透析コーディネターがいます。

何か問題が起きても対応が可能です。

日本語で対応できますので、安心して透析をお受けいただけます。

例えば、ハワイで申しますと、安心から考えますとホノルルの透析センターが基準に適合いた

します。

また、ハワイ島でも他の透析センター予約と違って日本人が透析のお世話をするアテンドサービスをご利用いただけます。

カパフル透析センター

ホノルル透析センター

マウイ島にもカウアイ島にも大きな医療施設があります。もちろん透析治療も受けていただけます。

医療品質からも、特に問題ないと思います。

何か、問題が起きると言葉の問題が出てきます。医療関係の細かなニュアンスは、かなり英語

に達者でないと伝わりません。

これらの島々では、英語しか通じないとお考えください。島のお店とかでも日本語は通じない

と思います。

最近かなり事情が変わってきていまして、ホノルルでも日本語の通じる場所が限られてきてい

ます。

免税店などでは、当然日本語で対応と思っていましたが、英語しか通じない場合があります。

他の店員さんを探せば、日本語を話される方はいますが。

お店だと片言の日本語より片言の英語でないと通じないことがあります。

その点、ホノルルには、日本人透析コーディネータと日本人受付担当者がいますので安心し

て日本語で会話していただけます。

通常は、何もないので、たぶん大丈夫と言うことで他の島に旅行に行かれるのですが、何かあ

ると大変です。

弊社では、安心して日本語で透析を受けていただくと言うコンセプトで透析のお世話をさせ

ていただいています。

シンガポール透析 トラベルデスク

ラッフルズ病院

なお、上記以外のエリアで透析のご希望がございましたら、お知らせください。

弊社のネットワークを通じて透析センターをお探しいたします。

ニューヨーク、ローマ、ウィーンのように日本人が比較的多く訪れる場所ですと医療通訳あるいは送迎通訳の対応が可能です。

また、アメリカ国内の透析センターで地域によりますが、電話による日本語通訳が可能な透析センターもございます。

ただ、曜日、時間帯により対応出来ないこともございます。アメリカ国内は、4つの時間帯がありまた州ごとにお休みがあり、一律での対応が難しいです。

確実に電話による通訳サポートをご希望でしたら、エリアによりますが、現地在住の日本人の方がされているSKYPEによる通訳サービスをご利用されるのも良いかと思います。こちらもご希望によりご紹介させていただきます。大体1日ご利用で5,000円程度です。

海外旅行の透析治療費用は、一定条件を満たして申請書類を窓口に提出すれば、受け取るこ

とができます。

かかった費用の全額ではなく、日本で透析を受けられるのに必要な費用を標準料金(現在5万

円になっています。)

として、3割の自己負担額を除いた70%(約35,000円)が戻ってきます。

ハワイとかグアムとかは、5万円を超えることがありますが、他の国々では5万円以下のところもあります。

これらの場合は、掛かった透析治療費の70%が戻ってくる形になります。30%の自己負担

を考慮したものです。

申請に必要な書類は、日本語で記入いたしますので、規定の申請書をお持ちください。

申請書は、加入されている社保の窓口、または市役所、区役所の国保担当窓口でもらえま

す。

提出書類につきましては、各国により異なります。

共通して必要なものは、血液検査(Hbs抗原、Hbs抗体を含む)とHIV検査を受けられて、透

析受診質問書に添付する形で検査結果のコピーを提出いただく形になります。これらの書

類は、透析受診日の30日前から120日前のものがあり、透析受診国により変わります。

書類内容でご不明の場合は、直接病院に提出書類内容をご説明させていただきますので、

ご依頼ください。

手続きには、通常1ヶ月から1ヶ月半程度の余裕が必要なのですが、緊急の場合、2週間

程度で透析受診予約をいたします。

ただし、提出書類が揃うということが条件にはなりますが、責任を持ちましてサポート

させていただきます。この場合も緊急予約手数料とかは、必要ありません。

通常の通信事務費として1万円が必要です。

あとは、ハワイの場合は、透析予約サポート費(片道送迎を含む)としてUS$200.00、グ

アムの場合は、透析治療サポート費(往復送迎、通訳・付添い)としてUS360.00

必要です。他の国につきましては、医療施設予約として、通信事務費以外の費用は必要

ありません。

弊社は、医療施設の予約代行を各国在住の透析コーディネータと行っています。

旅行会社がツアーと合わせてされているOP予約とは基本的に異なります。

パッケージツアー及び旅行業務そのものにつきましては、お取り扱いをしていません

のでご自身で別に確保をお願いいたします。

海外旅行が決まりましたら、先ずは、ご相談ください。

トラベルデスク ハワイ透析

透析受診日を確保いたします。

透析問合せ トラベルデスク

お待ちいたしております。

 

お得なホテルが見つかります。



Booking.com

Hotel_banner1世界のホテル予約は、世界のホテルから

日本のホテルも格安に予約できます。

BCwoordmerkAlt_ja
日本のホテルも格安に検索予約できます。

toptitle1
世界のホテル料金比較は、世界の旅から

ワンクリックで

-アメリカ旅行で透析, 日本語で海外旅行透析
-, , ,